エアビー (Airbnb) を利用してみた! in アメリカ

スポンサーリンク


みなさんこんにちは!
みやごん@pokki1216です。

エアビー(Airbnb)ってご存知ですか?

エアビーは一般の人が家を宿として貸し出したり、借りたりすることをサポートするサービスのことです。

近くにホテルがなかったり、ホテルよりも自由にしたい、安く借りたいと思った時に使用できる便利なサービスですね。

特にアメリカではホテルが高いので利用されることが多く、海外の人と交流できるチャンスでもあるため、人気となっています。

そこで今回、フロリダで実際にエアビーを使用したので、使い方やメリットをシェアしようと思います!

ではではいってみましょう。

エアビー 使い方

エアビーを使用するためには、アプリをダウンロードすることをオススメします。

アプリがダウンロードできたら、個人情報やクレジットカードの情報などを登録して準備完了です!

ここから、探したい場所を入力します。

エアビー Airbnb

いいところを見つけたらタップ!

下にスクロールすると、ベッドの数や家の決まりなど、いろんな情報をみることができます。

この部分をクリックすることで無線LANやシャンプーリンスがあるかなどのアメニティ情報をみることも可能!

この部屋に泊まりたいと思ったら空き室状況をチェック。

チェックすると、空き室情報の欄が、予約するに変わっています。

その後予約を完了すると、家の持ち主からの承認を待ち、承認を終えると予約が可能になります。

そして予約したら完了!

予約したあとでもわからないことがあれば、チャットで家の持ち主に質問してみましょう!

予約後は、下の旅行欄をタップすると詳細をみることができます。

あとは予約した日に現地にいけば楽しいエアビーライフを過ごすことができます(∗•ω•∗)

クレジットカードで決済できるのでお金を持って行く必要もありません。

鍵の受け取り方などがわからず困る場合があるので、チェックインの仕方などは事前に持ち主に聞いておくことをオススメします。

エアビーの使い方はこんな感じです。

フロリダでの部屋の内装

実際に借りた部屋の内装がこちら!

今回は3人で泊まっているのでかなり広い作りになっています。

キッチンもあるので、食材を買って調理することも可能。

アメニティも充実していて生活に困ることはなさそうです(∗•ω•∗)

エアビーを使うメリット

ホテルをとるのではなくエアビーを使うメリットについて、実際に使用して思ったことをお伝えします。

値段が安い

まず第一に値段がかなり安いです。

フロリダのタンパでは、街から離れた郊外でも一泊10000円程。

街のホテルでは一泊20000円以上かかってしまいます。

ホテルよりも少し値段の安いモーテルにおいても10000円以上します。

一方僕たちが泊まっているところでは3人で10日間宿泊して16万円。

つまり、1人一泊5300円程なんですよ。

これだけ広い家でアメニティが充実しているのにこの安さ。

エアビー素晴らしい。。

宿泊にお金をかけたくないという人はぜひ利用してください。

設備が充実している

先ほども少しお話ししましたが、今泊まっている家にはキッチンがついています。

アメリカでの外食ってかなり高いんですよ。

チップを含めると一食2,3000円します。

一方スーパーマーケットでの食材は安くて、3人分くらいのでっかいお肉が1000円未満で買えたりします。

それを調理して食べたら食費がだいぶ安くなります!

また、長期滞在の場合には服がいっぱい必要になりますが、洗濯機が無料で使えるのでその点も不自由はありません。

そのほかにも、シャンプーリンスはもちろん、ドライヤーやアイロンまで完備しているので荷物を少なくすることができます。

できるだけものを持っていきたくない僕にとってはめっちゃ嬉しい条件です!

デメリットは?

少しだけデメリットもあります。

それは、使用したものを綺麗にしたりゴミを自分で捨てなければならないということです。

ホテルやモーテルと違って毎日部屋をきれいにしてくれる人はいません。

なので、ゴミがたまればゴミ置場に持って行く必要がありますし、食器を使ったら片付けないといけません。

あたりまえっちゃあたりまえなんですけど、せっかくの旅行でゴミや片付けについて考えるのは少し嫌ですよね。

その点はエアビーのデメリットといえます!

まとめ

エアビーは

料金が安い

設備が充実

ゴミや片付けをする必要がある

という点が挙げられます。

実際に使用してみて、かなり満足しているので、機会があればぜひ利用してみてください。

少しでも役に立てれば嬉しいです!

以上みやごんでした(∗•ω•∗)

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です