アメリカに行く前に文化をおさらいするよ!【旅行者必見】

スポンサーリンク


みなさんこんにちは!
みやごん@pokki1216です。

僕は明日から学会発表のため、アメリカのフロリダへ行ってきます!

フロリダにはリアルディズニーがあるので、旅行気分も混ざってしまってますが。。笑

海外へ行くときには、行く国の文化について知っておかないとトラブルに巻き込まれる可能性があります。

何事もなく楽しむためにも、これからアメリカに行く可能性がある人は文化について勉強しておきましょう。

去年もアリゾナへ行ったので、アメリカの文化に対する知識は少々ありますが、むこうで失礼がないようにもう一度文化についておさらいしておきます。

ではではいってみましょう!

アメリカの文化

アメリカ 文化

アメリカでは家の中でも土足というはなしはほとんどの人が知っていると思います。

これだけではなく、日本とは違うアメリカの文化のはいっぱいあります。

今回は身近にある3つのことについておさらいしていきます!

チップは絶対払おう

チップ

チップとはカジノで使うものではなく、普通にお金のことで、レストランやホテルなどでサービスをしてくれた人に対して払うものです。

日本では、高級旅館などにおいて少々のお金を渡すことがあっても、レストランなどでチップを渡す習慣はないですよね。

レストランのサービスにお金が必要な場合は、初めから合計金額に含まれているので何も気にする必要はありません。

一方で、アメリカではほとんどのレストランでチップを払う必要があります。

必要があるといっても、法律などで定められた義務などではなく、一般常識として払います。

なぜチップを払うのか

日本では払わないのになぜアメリカではチップを払う必要があるのか?

それは、アメリカと日本の給与の違いにあります。

日本では仕事をどれだけ適当にこなしても、最低賃金だけで生活することができます。

でもアメリカでは最低賃金が低すぎて、生活することができないんですよね。

その給料の低さをまかなうために、お客さんに対して心地よいサービスを行い、サービスに対してお客さんが支払ったチップをもらって生活しています。

つまり、もし文化を知らない日本人がチップを払わなかったらその人たちの生活を潰してしまうということです。

チップを払わずに出ていった場合に、店員が外まで追いかけてきてチップを請求するということも実際にあるくらい、大切なものなんですね。

先ほども言ったように義務ではありませんが、アメリカの常識です。

なので、できるだけ払うようにしましょう。

いくら払えばいい?

ではチップはいくらぐらい払えばいいのでしょうか?

チップの相場は合計金額の15%から20%と言われています。

店員さんの接客態度やその時の気持ちによっていくら払うか決めましょう。

できれば15%は置いておきたいですが、あまりにも店員の態度がひどい場合には10%でもいいと思います。

その時の気持ちに見合った金額を置いておくことがベストです!

スポンサーリンク


人種(性別)差別的な発言は控える

人種差別

日本でも、「これやから◯◯人は。。」なんてことは日常で聞くことがありますね。

アメリカでは日本の100倍くらい人種差別に敏感です。

ブラックやホワイトには注意

白人、黒人、黄色人種については特に気をつけましょう。

オバマさんが大統領になったときに大ニュースになったように、黒人に対してよく思っていない人たちはたくさんいます。

それに対して黒人の方々も、白人の方々に対してよく思っていないことがあります。

もしたまたま話している途中に黒人の横を通り、「ブラック」なんてワードが聞こえてしまったら殴りかかられてもおかしくないです。

日本人で「ブラック」という単語を人種的な意味で使う人はいないと思いますが、黒人の方はそうは思わない可能性があるのです。

誤解を招かないためにも、普段から気をつけるようにしましょう!

同性を愛する人も多い

日本でも同性を愛する人はいますが、あまり表に出すことはありませんよね。

その理由は、普段から同性愛をバカにする人たちがいるからです。

飲みの場などでも冗談で、「お前ゲイやろ」なんてことを言ってみんな笑っていることはよくみられます。

日本でも、そういう冗談は言うべきではありませんが、もしアメリカで同性愛をバカにするようなことがあれば本気で軽蔑されますので、言わないようにしましょう。

挨拶はしっかり返す

挨拶

アメリカでは、ただすれ違った人やお客さんなど、誰に対しても挨拶をする習慣があります。

日本では席が隣だからという理由で、見知らぬ人に話しかけることは少ないですよね。

もし相手が異性の場合はナンパしていると思われてもおかしくありません笑

でもアメリカでは一般的に誰とでも会話をします。むしろしない方がおかしいんじゃないかって思うくらいです!

こちらから「Hi!」と話しかけると、みんな笑顔で返してくれます。

なので逆に挨拶されたら、笑顔で返すようにしましょう。

せっかくの海外で外国人の方と話す機会を逃すのももったいないですよね(∗•ω•∗)

挨拶からどんどん会話を発展させてFacebookで繋がったりしておくと、またアメリカに行ったときやその人が日本にきたときにも交流できるので、ぜひ話してみてください。

グローバル化が進んでいる中、海外の人と繋がりがあることは悪いことではないので!

まとめ

今までの内容をまとめると

・チップは必ず払う。目安は合計金額の15%から20%

・人種や同性愛者を差別することは絶対言わない。言うと人格が否定される。

・知らない人の挨拶にも驚かず、なれるなら友達になってしまう。

以上がアメリカの文化に対するおさらいです!

これらのことをふまえて、明日からの10日間、アメリカを楽しんできます。

またアメリカの様子などもアップする予定なので、気になる方はぜひみてみてください!

僕はベトナムにも行っていたのでもしよければこちらも見ていただけると嬉しいです。
【七日間まとめ】ベトナム 英語留学 in 東部国際大学【ビンズオン省】

以上みやごんでした(∗•ω•∗)

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です