アメリカの税関を通るまでの流れを説明します!

スポンサーリンク


みなさんこんにちは!
みやごん@pokki1216です。

僕は今フロリダ州タンパに来ています。

アメリカに来るのは2回目で、他にもニュージーランドやベトナムなどいろんな国を訪れているので、税関を無事通り抜けて入国するまでの流れはだいたいわかっています!

そんな僕が、初めてアメリカを訪れる人に向けて、出発前から、税関をとおって入国するまでの手順を説明します(∗•ω•∗)

英語の質問例などもおつたえするので、渡米時の不安がある人はぜひチェックしてください。

アメリカ 出発前

アメリカに入国するためには、事前にESTAに登録する必要があります。(2017年11月現在)

これは短期渡航の話で、もし3ヵ月以上の滞在の場合には学生ビザや就労ビザなどを取得しなければなりませんが、その話はここでは省略します。

ESTAは、簡単にいうと、アメリカに入国する資格があるかどうかってことを調べるシステムのこと。

もし重大な犯罪歴などがある場合には、入国を拒否されます。

アメリカではテロなどもよく起こっているので、アメリカも守るためにも重要なシステムってわけですね。

普通に生活している日本人が登録できないことはほとんどないので何も心配することはありません!

ESTAを申請するために必要なものは2つ。

①パスポート

②14ドル(クレジットカード)

これだけで申請できます。

ESTAの代行申請サイトがいっぱいあって、そちらで登録すると60ドルとかをとられてしまうので気をつけましょう!!

公式サイトはこちらです→ESTA公式サイト

日本語にも対応しているので、手順を踏んでいくと簡単に登録できます。

認証には72時間ほど時間がかかるので、余裕を持って申請するようにしましょう。

アメリカ フライト中

ESTAの登録ができたらいつでも出発できます!

パスポートを忘れずに、飛行機に乗り込みましょう。

飛行機に乗ってからアメリカの税関を通るまでにしなければならないことがあります。

それは、税関申告書の記入です。

実際の記入例がこちら。

アメリカ 申告書

日本語で書いてあるので難しいことは何もありません。

記入する上で大切なことは

・大文字のローマ字で記入

・署名はパスポートの署名と同じ書式

・高額の現金や商品、食物などを持っていれば必ず申告

このぐらいです!

これを書き終えたら飛行機タイムを楽しみましょう。

長時間フライトでは乾燥で喉がやられてしまう可能性があるので、マスクを持って行くことをオススメします。

アメリカ 入国審査

アメリカに到着したらとうとう入国ですね!

入国審査の前に、初めてアメリカに来た人と、2回目以降の人の列に分けられます。

両者では入国の手順がすこし異なっています。

入国2回目以降

アメリカに1度来たことがある場合にはすこし手続きが楽になります。

まず、置いてある機械にパスポートを読み込ませます。

言語を指定できるので日本語を選択。

その後、税関申告書とおなじような質問に答えて、顔の写真を撮られると、白い紙が発行されます。

その紙をもって、次のエリアに進みましょう!

そこで目的や滞在日数など簡単な質問にこたえたら終了です!

質問の内容については後ほどおつたえします。

入国が初めての場合

アメリカへの入国が初めての場合には、個人情報を登録する必要があります。

登録といっても指示に従うだけなのでこわがる必要はありません。

初めての人エリアで並ぶと、機械の操作はなく、いきなり入国審査を受けます。

このときに登録する個人情報は、指紋と顔です。

まず、指紋を入力するのですが、聞き取るべき単語を覚えておけば迷うことはありません。

・press
・finger
・four fingers
・right
・left

この5つの組み合わせで、なんとなく判断できます。

例えばpress, right, fingerが聞こえたら右手の親指を認証機てきなところに置いてください。

press, four fingers, leftが聞こえたら、左手の親指以外の指を認証機に置いてください。

全部の指を終えたらオッケーです。

次に顔の登録ですが、look atって言葉が聞こえたり、機械を指差したりしていたらそっちをみてください。

じっとみていたら終わります。

個人情報の登録が終わると、質問タイムです!

この質問もあるていど予想しながら単語をききとることで簡単にクリアできます。

以下に単語の組み合わせと解答例をのせます。

Q. what, purpose→渡航の目的はなんですか?
A. sightseeing, business

Q. how long, stay→どのくらい滞在しますか?
A. for ten days

Q. where, stay→どこに滞在しますか?
A. at the hotel, my friend’s house

Q. when, return→いつ日本に帰りますか?
A. March 1st

Q. have, ticket→帰りのチケットはありますか?
A. yes, not yet

だいたい最初の単語を聞き取れたら質問がわかりますが、例外もあるので気をつけてください。

人によって質問の方法もすこし変わってくるので、定型文を覚えるより、聞き取るべき単語を覚えてクリアしましょう!

これをのりこえたあなたはもうアメリカ観光客です。

精一杯楽しい時間を過ごしてください。

まとめ

お伝えした中で大切なことをまとめます。

・渡航前にESTAに登録する。

・飛行機の中で税関申告書を書く。

・入国審査は重要単語を聞き取って乗り越える。

これらの事項をあたまにいれておけば、アメリカへ行くことは簡単です。

日本にはない魅力的なものもいっぱいあるので精一杯楽しみましょう!

ただし、文化の違いもあるので勉強して行くことをオススメします。

アメリカに行く前に文化をおさらいするよ!【旅行者必見】をみていただけると少しはわかると思います!

楽しいアメリカライフにむけて。

以上みやごんでした(∗•ω•∗)

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です