ブログのネタはどこにでもあるのに書くことができない理由

バイナンス 使い方

スポンサーリンク


みなさんこんにちは!
みやごん@pokki1216です。

大学院を卒業してからようやくブログを再開し始めています。

でも何か書きたいと思ってもブログのネタが全く思いつかない。。

Googleで「ブログ 書くこと」で検索し、いろんな記事を読んでいるうちに僕が何故ブログのネタがあるのに書くことができないのかということに気づいたのでシェアします。

同じようにネタに困っている人や書くことあるのにかけないと悩んでいる方は読んでいただきたいです。

第一にブログのネタはどこにでもある


実はブログのネタってどこにでも転がっているんです。

パソコンを買ったなら、「MacBook proの便利な使用方法」、「Surfaceをお得に購入するなら◯◯」。
料理を作ったなら、「超絶美味しい肉じゃがの作り方」、「月に15,000円節約できる簡単クッキング」

などタイトルをつければそれっぽくなります。

あとは内容をタイトルに合わせて書いていくだけです。

イケハヤさんも書くことはなんでもいいと仰っています。
「書くことがない」というブロガーはちょっと頭が固すぎる

それなのになかなか手が進まず、記事が増えていかない。

何故こうなってしまうのかを考えてみました。

書くことがあるのにブログを書けない理由

ネタがあってもブログを書けない理由は主に3つ。

  • 人の目を気にしすぎている
  • 毎日何事にも興味を持っていない
  • お金(収益)のことを考えてしまう

人の目を気にしすぎている

ブログを書くことに慣れてくると、少しずつ自分自身にプライドを持ち始めます。

みやごん
こんな内容じゃ恥ずかしい!

少しでもいい記事を書こうとカッコつけているから執筆が進まず記事が増えない現象が起こるんです。

解決策としては、とりあえず書いて投稿すること!!

ツイッターなどで宣伝しない限り目立つことはありませんし、検索エンジンで上位に上がっているならそれはいい記事の証拠。

プライドは捨ててどんどん執筆すれば自然にいい記事が書けるようになるはずです。

毎日何事にも興味を持っていない

経験がある人もいると思いますが、ブログに書くことが決まっても内容が薄いときがあります。

これは普段から何事にも興味を持っていない(考えていない)証拠です。

例えば花火大会に行った際に、

「今日は花火大会があった。花火が綺麗だった。」

くらいのことしか出てこない。

みやごん
もっと情報足せよ!

まるで小学生の感想並で少し大げさかもしれませんが、これくらいのことしか思いつかない時もあります。

ブロガーであれば花火大会の規模やオススメの穴場スポットなどの情報を抑えておくべきですよね。

解決策としては、普段から頭を働かせること。

ぼーっと1日を過ごすのではなく、知らないことや物を発見したら頭を働かせてみて少しでも興味を持つようにすることが大切だと思います。

毎日1つでも新しい発見があるように行動しましょう!

お金(収益)のことを考えてしまう

ブログで少しでもお金を得ることを覚えてしまうと、稼ぐことを考えてしまっちゃうんですよね。。。

稼げるネタは何か、いいアフィ案件はないかなどばかり探してしまうこともあります。

金くれ〜

もちろんブログで稼ぐことは大切ですがそればかりに気を取られて記事が書けなくては何も起こらないです。

解決策として、アドセンスだけでも十分な収益を得ることができる!と意気込みを持ちましょう。

そうすればどんどん結果は出るはずです!

最後に

ブログが書けない理由として

  • 人の目を気にしすぎている
  • 毎日何事にも興味を持っていない
  • お金(収益)のことを考えてしまう

以上3つを挙げました。

この3つに対する僕の考える解決策は以下となります。

  • とりあえず書いて投稿すること
  • 普段から頭を働かせること
  • アドセンスだけでも十分な収益を得ることができる!と意気込みを持つこと

答えは人それぞれですが、ブログを楽しめるように一緒に頑張りましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です