就活は家でやれ!企業研究に時間を割くのは勿体無い!?

就活

スポンサーリンク


みなさんこんにちは!
みやごんです。

僕は2017年9月現在大学院修士2年として学校に通っています。

就活は修士1年から始めていたこともあり、修士2年の四月には大手企業に就職が内定していました。

その中で思ったことが一つ。

就活なんかに時間割くのマジで勿体無い!!

なんでこんなことをしているんだろう?って考えちゃうんですよね。

これから就活のみなさんが時間を無駄にしないように就活及び企業研究について話していこうと思います!

就活

就活

企業研究に時間は使わないように。

就活をする際にすることといえば

1. 自己分析
2. 企業研究

この二つですよね。

自己分析は業界の決定や企業に採用してもらうだけでなく、自分のことについて見つめ直すチャンスですので時間を使ってもいいです。自分は自由が好きで人に従うのが苦手だなーとわかった場合にはすぐ就活なんてやめちゃってください笑

一方で、企業研究に時間を割くのは本当に勿体無いです。

リクルートスーツを着て、遠いところまで足を運んでネットでわかるような内容を聞くなんて、マジで効率が悪すぎます。

僕も大学での合同説明会を聞きに行ったり、遠方での説明会に参加したりしましたが有用な情報を得られることはありませんでした

説明会で大声で質問してアピールしようなんて考えている学生さん。そんなことする暇があるなら研究や勉強してた方が採用される確率は上がりますよ笑

企業側ももう少し有用な情報を提供してくれるといいんですけどね。

技術や製品のことなんて調べればすぐわかるのにそれをペラペラと話して何が面白いんでしょう。「貴社のことを詳しく知りたい」っていうことは技術を知りたいわけではなく残業時間、福利厚生、会社の悪い点はもちろん経営戦略、10年後にしていることなどを知りたいんです。

就活生に10年後にあなたは何をしていますか?と聞くのになんであなた方はそれを話さないんですか?って感じです。

1時間程度知っている情報の話を聞いてその後の短い質問タイムで知りたい情報について聞くなんて時間の無駄です。それなら初めから1時間半程度の質問会を開催してくれた方がよっぽどいいですよね笑

少し長くなりましたが、ここで言いたいことは企業研究はできるだけ効率的に時間の無駄のないように行いましょうということです。(効率に関する記事はこちら→効率悪いと時間勿体無くない!?

最近ではネットで企業を検索するだけではなく、動画で企業の情報を手にいれることもできます。



これは現場にいるかいないかの違いだけで説明会と同様なので手間が省けていいですね。

個人の説明会においてもネットで行っている企業も増えてきているので、暑い中スーツを着て時間をかけて緊張しながら話を聞くのではなく、家のクーラーの効いた部屋でゆったりと聞きましょう。

会社説明会に参加するのは選考フローで必須の場合だけにして、他は参加しない方がいいです。

どうしても行きたいって思っていた会社でも三ヶ月で辞めるなんて話をよく耳にするぐらいなので、入ってからでないと本当にその会社が自分に合っているかなどわかりません。

もし選考フローを見たときに「効率的じゃないな。」と思ったら考え直してもいいと思います。その会社はきっと仕事においても効率的ではないはずですので。。

まとめ

いかがでしょうか。

僕も就活をしているときには人生がかかっていると思い真面目になりすぎていましたが、今の時代大手企業に就職することがいいとは言えません。

大手もいつ潰れてしまうかわかりませんからね笑

就職するために時間をいっぱい使うのであれば、その時間を自分の好きなことに使って楽しみましょう!

以上みやごんでした(∗•ω•∗)

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です