【PSEマーク】今のモバイルバッテリーが法律改正で売れなくなる!半額になる商品が続出

モバイルバッテリー 法改定

スポンサーリンク


誰もが使用しているモバイルバッテリー。

今、Amazonや家電量販店などで大セールが行われています。

一体何が起こったのでしょうか?

電気用品安全法の改定


なぜ大セールが行われているかというと、ズバリ法の改定です。

電気用品安全法と呼ばれる法が改定され、モバイルバッテリーにPSEマークがない場合には2019/2/1以降売れなくなってしまうんです。

PSEマークは「特定電気用品」につけられるもので、簡単にいうと法を守っている製品ですよって意味です。

僕は製造業の会社で働いているので、法を改定されるということがどれだけ大変なことがわかります。。

予想ですが、法改定が決まってから今まで、モバイルバッテリー部署担当の方々は死ぬほど忙しかったでしょうね!

電気屋さんにとってご迷惑なお話かもしれませんが、僕たちお客にとって少しありがたいとこともありますね。

ワイヤレス充電器まで半額以下

モバイルバッテリーって大体の人が持っているのでそんなに急いで買うことはないと思います。

でもこの商品も半額以下ならちょっと考えちゃいますよね。笑

上記の商品は元々1万円を超える高額商品ですが、今なら約75%OFFで購入できます。

この商品を買ってしまいそうになる最大の理由はワイヤレス充電が可能ということ。

家に帰ってポンとおけば充電されるのでとても便利です!

そのほかにも高速充電や3台同時充電などハイスペックな商品となっています。

この法改定の理由は火災などの事故が発生しているからですが、上の商品はPSE認証も取得しているみたいですね。

PSEマークが付いてしまうとこの値段で購入できる可能性は下がってしまいますので今のうちに購入しておきましょう。

他のモバイルバッテリーは。。。そんなに魅力的なもの見当たりませんでした。笑

法改定はある意味チャンス

法の改定があると今回のようなセールがあったりするので僕たちにとってはチャンスになる可能性があります。

常にニュースをチェックすることで色んなチャンスを掴むことができるかもしれませんね!

ではでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です