NEMとRippleにとうとう差がでてきた!SBIグループの影響は大きい

スポンサーリンク


みなさんこんにちは!
みやごん@pokki1216です。

今まで仲良く価格を上げてきたNEMとRippleにとうとう大きな差が開いてきました!

これは2018年1月に設立されるコンソーシアムによる影響だと考えられます!

果たしてどういうものなのでしょうか?

SBI Ripple Asiaとカード会社の提携

SBIホールディングスは SBI Ripple Asiaおよび大手カード会社と手を組んでブロックチェーンなどの技術を用いるカードコンソーシアムの設立を発表しました。

カード会社として

  • 三井住友カード
  • クレディセゾン
  • ジェーシービー
  • などが参加します。

    このことが今回のRipple高騰の理由だと考えられます。

    コンソーシアムのメリット

    ブロックチェーンなどの技術を用いることで本人確認や不正取引の防止など様々な用途での活用が見込まれているそうです。

    これによってよりキャッシュレスに近付いていきそうですね。

    自動的に紐付いていくブロックチェーンを使うことでカード会社の負担が軽減されることも予想されます。

    今後のRippleは?

    ほとんどの通貨が価格を下げていく中、数十パーセントの高騰をみせたRippleは期待できると思います。

    今回のニュースは仮想通貨技術の素晴らしさを一般の方々が知るいい機会ですからね。

    仮想通貨市場としても、Rippleは2位に上昇していて、将来性も抜群です。

    余剰資金を使って少し購入しておくと投資として楽しめるんじゃないでしょうか?

    Rippleは国内販売所のcoincheckで購入することができます。

    口座開設はこちら
    簡単安心!coincheck

    NEMも忘れないで

    NEMもここ1ヶ月ですごい上昇をみせており、将来性は抜群です。

    ビットコインの送金がつまってしまい、手数料を多く払わなければならないという問題が発生していましたが、NEMの送金スピードはかなり優れています。

    2018年リリースのカタパルトによってそのスピードはさらなる向上をみせるでしょう。

    1秒に最大4000件の処理を行うことができ、1秒に7件のビットコインと比較するとおよそ570倍となります。

    また、技術だけでなく、コミュニティも楽しい人が集まっているので気になる方はツイッターで検索してみてください。

    Rippleに加えてNEMも今後期待できる通貨の1つだと思います。

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    スポンサーリンク


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です