物理が苦手だと機械工学科に進学したとき苦労する?エンジニアが答えます

機械工学科

スポンサーリンク


みなさんこんにちは!
みやごん@pokki1216です。

みやごん
機械工学科に行きたいけど物理が苦手だからやっていける自身がない・・・。

そんな人に申し上げます。
 

物理が苦手だとしても機械工学科で十分やっていけますよ!

 
そもそも高校物理と大学物理は根本的に違うものです。また、苦労するかどうかという観点については高校物理ができてもできなくても苦労すると思います。

それでは具体的に説明していきます。

機械工学科って何を学ぶの?現役大学院生が教えます!

2017.10.10

高校物理は暗記で始まり暗記で終わる

高校で習う物理のイメージは、公式を暗記することです。

実際に起きていることを解明ではなく暗記するってどういう教育なんですかね・・・。
高校物理が苦手な人は、物理と実際の現象がむすびついていないことが大きな原因だと考えられます。

じゃあなんでもっと実際の現象について物理をやらないの?という点ですが、高校物理ではそこまで深く教える必要がない。というのが答え。

例えば、機械工学ではほぼ100%勉強する車の振動ですが、フリーボディダイアグラムを書いたり、行列式を解いたりしないと振動の計算式が算出できません。

フリーボディダイアグラムは、物体にかかっている力を簡単に図で表したもの

これはまだ機械工学に行くかどうかわからない時期に勉強する内容としては非常にめんどくさい。だからやらない。
ということになります。

これらの点を考慮して、簡単な力や熱の計算式だけでも覚えてもらおうという考えになるわけです。

機械工学科で習う物理

機械工学科で習う必須の項目に、以下の4力というものがあります。(詳しくは機械工学科って何を学ぶの?現役大学院生が教えます!をご覧ください)

  • 機械力学
  • 材料力学
  • 熱力学
  • 流体力学

これらは全て具体的な現象を例にした物理学の応用。
そして主に暗記ではなく式の算出を行うので、実際に機械のどこで何が起こっているかを学ぶことができます。

高校時代に習ってきた”F = ma“や”pv = nRT“という公式をくつがえすことに!

式の算出というと少し聞こえは難しいですが、機械工学に進もうか悩んでいる人であれば、暗記なんかよりも楽しむことができるはずです。

センター物理が30点でも無事卒業できる

僕の高校時代の友達に、関西大学の機械系の学科に進学した人がいます。

その人はセンター試験の物理科目で30点(100点満点)という点数を叩き出しました。

それでも、一度も留年することなく、2年前に無事卒業しています。

この話を聞けば物理が苦手でも少し安心できるのではないでしょうか!

高校物理が得意でも苦労はする

高校物理が苦手でも機械工学科でやっていけるとお話ししてきましたが、もちろん苦労はあります。
ただ、それは高校物理がある程度できる場合でも同じ。

僕はセンター物理の点数が約8割で、校内でも定期テストの物理の点数はいい方でした。また、大学では僕よりもはるかに物理ができる人もいっぱいいました。

それでも、大学で機械工学に関する授業を受けると、初めは全く理解できないこともあったんですよね。
逆に高校物理ができなかった人の方が理解が早かったりなんてことも・・・。

これらのことから、高校物理のできるできないが機械工学科での勉強に影響を及ぼすことはほとんどないと考えられます。

心配することは特にありません。

進学するときはやりたいことをやろう

今持っているスキルで進学する道を選ぶのではなく、将来やりたいと思えることを優先することがいい進学だと思います。

高校物理が苦手だからと言って機械工学科を諦めるのは勿体無いですよ!

車、飛行機、宇宙、医療など、機械工学には無限の可能性が満ち溢れています。

今は複雑なことを考えずに、行きたい道を突き進んでください!

僕も機械工学のエンジニアとして頑張ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です