落合陽一の凄さを超簡単に説明する!【初心者向け】

落合陽一

スポンサーリンク


みなさんこんにちは!
みやごんです。

最近注目されている”落合陽一”さんって知ってますか?

コスプレイヤーやら魔法使いやら色々ネーミングされてますがとりあえずすごい人です。

では何が凄いかってことを誰にでもわかるように説明していきます!

落合陽一
画像参照元:リンク

落合陽一

落合陽一さんとは?

東京都出身、六本木育ち。開成高等学校、筑波大学情報学群情報メディア創成学類卒、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了者)。博士(学際情報学)。本人が提唱する「デジタルネイチャー」という価値観に基づいたメディアアート作品を研究及び制作。コンピュータとアナログなテクノロジーを組み合わせた視覚的・触覚的作品やデジタル装置を用いてアナログな実体を駆動する研究で知られる。Pixie Dust Technologies inc およびジセカイ株式会社を創業
現在は、DMM オンラインサロンにて「落合陽一の解体魔術講座」開設中。参照:Wikipedia
コンピュータとアナログなテクノロジーを組み合わせた視覚的・触覚的作品やデジタル装置を用いてアナログな実体を駆動する研究・・・

ってなんやねん!

と思っている方に簡単に説明します。

落合陽一の研究

落合さんの研究で共通していることは、”空間”を利用しているということです。

どんなことをしているのか紹介していきます!

空中に像を描く

動画をご覧になっていただけるとわかるかと思いますが、空中に絵や文字を書いてます。

この技術っていろんなものに活かせますよね。

簡単な例でいうと、電光掲示板や看板とかです。

あんなでっかい邪魔なものもう必要ないですよ笑

ここで重要なことが、この像は人間の接触に反応するということです!

この技術によってスマートフォンは形すらなくなる可能性がありそうです。

VR・AR技術の進歩によってパソコンモニターが将来なくなることが予想されますが、この技術もとても楽しみですね(∗•ω•∗)

物体を空中に浮かせる

風の力を使わずに物体が空中に浮かぶ時代がやってきました。

しかも三次元方向に動かせるという。。。

いつか人間空飛べるんじゃないですか?笑

人間が空を飛ぶまでいかなくても、家の中のものを触らずに自由に動かせる時代はやってきそうですね!

ロボットよりも近未来っぽくてかっこいいです(∗•ω•∗)

とまあ落合さんはすんごい研究をしていらっしゃる方です!

スポンサーリンク


発言もすごい

落合さんって考え方も普通の人と違うんですよね。

みなさん高齢化社会についてどう思いますか?

将来年金がもらえなくなるかもしれない

医療コストやばくない?

とか思いませんか?

落合さんは

高齢化社会に関して我々はものすごく近くにいるんで、ほかの世界の国より有利なんですよ。今後中国が高齢化します、アメリカも高齢化します、世界全体が高齢化します。

それはなぜかというと人が死ににくくなっているからです。我々がこのモデルケースを課題先進国といわれて久しいですが、この問題を突破すればこれは最強の輸出戦略になるんですよ。
参照:ホウドウキョク

とおっしゃっています。

“高齢化”で検索すると問題点ばかりが集められていることがわかりますが、これって高齢化に対して”対抗“しようとしているからですよね。

一方落合さんは高齢化を”利用“しようとしています。しかも世界レベルで。

日本独自の考えてお年寄りに便利なサービスをいっぱい構築すれば、今後世界を相手にできるシステムが出来上がるかもしれません。

僕はアホなんで高齢化の問題点すら考えたことなかったですけどね笑

スマホで朝生!とかでも面白い発言をいっぱいしていらっしゃるので気になる方は見てみてください。

少し早口なんで聞き取りづらい部分もありますが笑

英語力もすごい

落合さんはグローバルで活動されているので英語力もすごいんですよね。

ただし発音は完全にカタカナ英語です。

カタカナ英語だけどかなり流暢で、ペラペラと話されています。

ネイティブの人ってカタカナ英語でも普通に聞き取ってくれるんですよね。

ベトナムに来てめっちゃ実感してます笑
(ベトナム関連→ベトナムのバスの乗り方教えます! 【留学十五日目】

発音を意識してしまうと、まず喋ることすらできなくなってしまうんで、それなら何も気にせずカタカナ英語で喋った方がよっぽどいいかもしれません。

ネイティブ以外には伝わりにくいですが。。。

TEDの講演でも英語で話されているのでぜひごらんください。

日本人が英語聞くならむしろカタカナ英語の方が聞き取りやすいんじゃないですか笑

ご飯はお菓子でカレーは飲み物

さすが落合さん、普段の食べ物もひと味違います。

なんと主食はお菓子だそうです。

お菓子の中でもグミが大好物らしい。。。(僕も食べよ)

落合さんいわく、研究しながらでも食べれるものじゃないとダメだそうなので、手軽に食べれるお菓子が最適ということですね。

たまにカレーも食べたくなるそうですが、スプーンを使うとこぼす可能性があり、お皿も必要なのでめんどくさいということで、ストローを使って飲むらしいです笑

この辺も魔法使いと呼ばれるためには必要なことなのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしょうか。

落合さんのすごさを簡単にまとめましたが、すごいですよね。

研究の凄さはもちろん、英語もでき、ご飯はお菓子。完璧な魔法使いです。

今後日本を進化させてくれる研究者の1人ですので、名前だけでも覚えていてください!

以上みやごんでした(∗•ω•∗)

落合さんも注目しているビットコインに関する記事はこちら→認知度が上昇中の仮想通貨を今すぐ保持した方がいい理由とは?

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です