クソコインと呼ばれる通貨に未来はない【仮想通貨】

仮想通貨 ビットコイン

スポンサーリンク


ビットコインが普及してきたことで、仮想通貨の認知度が増加しつつあります。

そんな仮想通貨の中には”クソコイン“と呼ばれるものがあることはご存知でしょうか。

これらのコインは名前のユニークさから一部の者から人気を得ています。

しかし、残念ながらこれらのコインが将来的に大きく普及することはないでしょう。

その理由について説明します。

クソコインが普及しない理由

クソコイン
クソコインの名前は基本的にユニークなものが多いです。

クソコインと聞くと”UNKOIN”という通貨が思い浮かびます。

このコインは”“と”う○こ“をかけたコインで、多くの者から支持を得ています。

UNKOINはイーサリアムによって購入することができ、持っていると運が訪れるそうです。

運営に渡ったイーサリアムは児童養護施設などに寄付されるので、運を手に入れると同時に社会に貢献することができるのです。

このコインはもともと一般の人々が使用するために作られたものではないと考えられるので、普及するしないの話ではありません。

そもそもクソ=う○こを連想させてしまいましたが、UNKOINの話をしているわけではないです笑

クソコインの中にはAlcohoinDeleteCoinなどと呼ばれるものがあります。

確かにネーミングとしては面白いが、コインの名前を聞いてどう思うでしょうか?

信頼することができない

先ほどのコインを直訳すると”お酒”と”消える”となりますが、そんな名前のコインを信用する人はほとんどいないでしょう。

その時点でこれらのコインは破綻しています。

なぜならお金は信頼のもとで成り立っているからです。

ビットコインが多くの人々に認知されているにも関わらず、実際に保持している人の割合が少ないのもこのことが原因です。

どうしてもビットコインは実在する物体ではないので、完全に信用することが難しい。

もしハッキングされたら?バグがあったら?という疑念を晴らしきれていないのです。

ビットコインですらこの状況で、クソコインが普及する可能性が0に近いと言っていいだろう。

本気でコインを普及させたいのであれば、信頼できるような名前を考えるべきですね。

スポンサーリンク


詐欺コインが多く存在する

また、クソコインを利用した詐欺が多発しています。

無価値のコインを多額で売りつける詐欺や、コインの発行者がお金を手に入れてすぐに逃げ出すものが存在するなど、多くの問題が発生しています。

これらの事件があるので、少しでも信頼できないコインは次々と消えていく運命にあります。

将来にどのように使われるかを明確に表明し、身元やセキュリティの強固さを証明するなど、土台をしっかりと作り上げて”クソコイン“と呼ばれないようにすることが、コインの普及に最も大切であると考えられます。

ギャンブルとしては面白い

ギャンブル
クソコインは信頼性はないものの、ギャンブルとしては面白い材料です。

ネーミングセンスが良いという理由だけでもコインの価値が上昇する可能性があるので、少し仕込んでおくことで多額のお金を手に入れることも可能です!

また、普及しないという話をしていますが、将来的に大きく普及する可能性もあるので、自身で将来性を見込める場合にはそれを信じて投資すると良いでしょう。

ただし、投資は自己責任なので、あくまでも自分の意見を信頼するようにしましょう!

信頼性の高い通貨を買うには

もしクソコインではなくビットコインやイーサリアムなど信頼性の高い通貨を買いたい場合には仮想通貨取引所”Zaif“をオススメします!

Zaifは取引にかかる手数料が安く、取引をするだけで逆に手数料がもらえるものも存在しています。

今後仮想通貨の取引を行うのであれば、開設しておいて損はないと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です