【Swift】ボタン(Button)に画像ファイルを挿入する方法!

スポンサーリンク


みなさんこんにちは!
みやごん@pokki1216です。
 

今回はswiftにおいて使用するボタンに画像を挿入する方法について学習していきます。

ボタンの使い方は前回の記事にかいているので気になる方はどうぞ!

【Swift】ボタンをタップすると画面が遷移するアプリを作ってみよう!

2018.09.20
ではいってみましょう。

みやごん

Swiftでボタンに画像を挿入しよう

今回の学習では画面遷移する方法の記事で作ったアプリのボタンに画像を挿入します。

画像を挿入するまでにすることは2つ

  • 画像をプロジェクトのファイルに入れる
  • テキストラベルに画像を設定する

とても簡単です。

プロジェクトファイルに画像を入れよう

まずは画像をプロジェクトファイルに入れます。

使用したい画像ファイルをドラッグ&ドロップで下の画像の位置に持っていきます。

この時でてくる画面で”Copy items if needed“にチェックが入っていることを確認して”finish“をクリックしましょう。

そうすると

画像ファイルが入りましたね!

画像をボタンに挿入しよう

次にボタンに画像ファイルを挿入していきます。

まず、画面上にあるボタンをダブルクリックしてください。

これを消して、return(enter)キーを押します。

そしてこのままボタンを選択した状態で右部分のホームベースマークをクリック。

すると”Image“というところがあります。

この右の青い部分を押すとプロジェクト内にある画像ファイルの一覧がでてきます。

そしてそのファイルの名前を選択してreturnキーを押すと

変わりました。

今回使用した画像ファイルがデカすぎましたね。

大きさを調節します。

これで完成です!

念のためシミュレーターで確認してみましょう。

ボタンを押すと・・・

オッケーです!

最後に

画像の挿入方法は、今後アプリを作っていく上で必須のスキルとなりますのでマスターしておきましょう!

特にイラストがかける人なら独自の画像を使えるのでいいですね。

最後までありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です